« 『コラテラル』 12月15日鑑賞 | トップページ | 『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』 12月22日鑑賞 »

2004.12.25

『ハウルの動く城』 12月15日鑑賞

2004年 日本
監督・脚本 宮崎駿
原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出演 倍賞千恵子 木村拓哉

howlcast美青年ハウル(木村拓哉)に出会ってしまった少女ソフィー(倍賞千恵子)。おかげでハウルを追っていた荒地の魔女(美輪明宏)に90歳の老婆に変えられてしまった。魔法の為、他の人には告白できず惹(ひ)かれるかれるように街の人々に恐れられている《ハウルの動く城》に向かうソフィー、それは彼女にとっての大冒険の始まりだった・・・・ 

《ハウルの動く城》の造形と二本足で歩く姿も面白い。宮崎監督の今までのキャラに勝るとも劣らない愉快なキャラが続出する。最初、今までにない《美》なる形容詞が付くキャラクターが出ると聞いてまず驚いた。その上声が木村拓哉!?でも映画を見て大いに納得しました。このハウルは《大人》でないと演じられないキャラなのだ。

彼に懸想(けそう)している-ハウル好き!って事です-二人の魔女との関係に興味を持った。戦争の為に勝手な解釈で他人を傷つけるサリマン(加藤治子)と魔法でも醜い姿を隠せない「怖い」荒野の魔女。彼が二人から逃れようとして作った「動く城」がユーモラスで明るい分、この二人の魔女との関係が限りなく怪しい。ちょっと淫靡などろどろ関係?だから《大人の木村拓哉》なのよ。

ハウル欲しさに王をけしかけて戦争を起こす狡猾なサリマン。隙あらばハウルと権力を取り戻そうとする荒地の魔女。事態が変わるたびに老婆になり、大人の女になったり少女になったりする純粋なソフィーに魅かれるのは当然だろう。

自分の《美》にしか自信がなかったハウルが、苦境にもめげずがんばるソフィーを見て自分を取り戻す姿が実にさわやかだ。

勝手に戦争を始めるような人間はどこにでもいる、そんな人間達にも苦言を呈したかったのだろうが、この映画を見てそんな事に気づくはずもない。そこの所にあまり突っ込まなかったのは宮崎監督がその事に気づいていたんろう。

|

« 『コラテラル』 12月15日鑑賞 | トップページ | 『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』 12月22日鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハウルの動く城』 12月15日鑑賞:

» ■ ハウルの動く城 [電脳サーチライト.ver2]
「ハウルの動く城」見てきました。 賛否両論ある作品だと思います。 新しい宮崎駿作品が見たい人なら、 大満足かもしれないし、 ジブリはこうあるべきだと、 ... [続きを読む]

受信: 2004.12.26 13:58

» ◆◆「ハウルの動く城」観てきましたよぉ◆◆ [★★かずくんままのマネー日記+α(TB企画 今年観た洋画&邦画のNO.1は何ですか?大募集中!!)★★]
さて、2本目は「ハウルの動く城」です。 テアトルの株主優待で観ました。 1月末までのポイントが7ポイント 7作品も観れるかなぁぁ   この映画... [続きを読む]

受信: 2004.12.30 18:12

» ハウルの動く城 今年の225本目 [猫姫じゃ]
ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけでは、見たいと思わない。今までの宮崎アニメの中で、題名を聞....... [続きを読む]

受信: 2005.11.17 17:15

» ハウルの動く城 [プチおたく日記 vol.2]
キムタクのハウル・・・ 良かったです〜 この作品はあまり色々と深く考えずに見たほうが 楽しめるんじゃないかと思いました。 魔法と科学が混在するどこかの世界。父が遺した [続きを読む]

受信: 2005.11.18 00:38

» 宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その1:ル・モンド、リベラシオン、フィガロ、ユマニテ) [ALWAYS鯖田鮫蔵的批評 (&フランスメディア抄訳)]
 宮崎駿監督の新作アニメ映画『ハウルの動く城』が12日からフランスで公開されている。アニメ好きの国とあって好評だというが、遅ればせながらここで仏メディア各紙の『ハウル』批評をざっと読みたい。参照したのはALLOCINE.COMの『ハウルの動く城(Le Château ambula...... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 20:12

« 『コラテラル』 12月15日鑑賞 | トップページ | 『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』 12月22日鑑賞 »